スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエルペット てぃんくる☆ #8「ディンドンベルにドッキ☆ドキ!」 

今回もリアル世界の話は冒頭のちょっとだけ…まあゆうま君に挨拶できただけでも進歩したと捉えるべきなんだけど、やはり突然では何事かと戸惑ってしまいますよね。

そしてジュエルランドに話は飛ぶ。ジュエルスターが云々という話が。そういえばこんな話もあったっけな。
何でも学院の鐘が壊れてしまったと言う事なんですが、これが校長先生にも直せない特別なものということで、さてどうしたものかと思っている間に金髪三つ編みのジュディなる女の子に会う。このジュディなるキャラが今まで登場していなかったんですけど、なんでも鐘を突くのが日課という話をしていたんですけど、壊れたばっかじゃなかったっけ? と思っていたら場面は雨の日、夏の暑い日、テスト前夜…などとめまぐるしく変わって、鐘は12年に一度壊れてしまうというんですけどこれを魔法で直すのがジュディの仕事らしい? ああなるほど、時間が飛びまくっていたのか。ジュディという女の子は12年前に卒業した女の子だったそうです。しかしいつから時間が飛んだんだろう? ジュディとあかりがぶつかった辺りかな? しかしジュディはあかりとふれ合ったことでどう成長したのか、その後の軌跡も気になるところ。

そして時間は戻って、壊れた鐘。ジュディはあかりにヒントを残していたんだけど、12年も前からあかりがここにくると分かっていたというのはなかなか凄いな。あかりは魔法で鐘を元に戻して無事に直ったと。校長も言っていたんだけど、この鐘を直す魔法というのが一人しか使えないということなんだけど、魔法の継承というのはどのようになされているんだろうね。ジュディからあかりに引き継がれたように、あかりも12年後の誰かに魔法を教えることになるんだろうか。

そしてジュエルスターが云々という話がここで繋がってきて、途中で察しは付いたんだけど、やはりジュディがジュエルスターになったという結末でした。これはジュディと似ているらしいというあかりが将来的にジュエルスターになるフラグなんだけど、しかしジュディが毎日鐘を鳴らしていたように地道なことをコツコツとやっていかなければいけないというのはなかなか大変そうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1747-8f692377

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。