スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リルぷりっ #10「五七五でラブラブ☆ぷりっ!」 

通りすがりのジジイの肩にいたカナリアに恋してしまったセイ。このジジイの話によると俳句を聞かせるとイイ歌で歌うらしいんだけど、どうも才能が枯れたのか最近は鳴いてくれないという事なんですけど、時々つぶやいている俳句もどきを聞くとどうも元々才能が無かったんじゃないかと思うんだけど…。しかしせっかくりんごたちも和服に着替えてくれたのに10年後なら見てみたい…というのはまあ分からんでもない。

まあ結局は俳句は無理矢理作るものじゃないというまあもっともな話になって、まず自分が輝くこととジジイも悟ったようですけど、それ以上に今回のリルぷり変身と歌のシーンは相当強引な持っていきかただったなあ。

まあ、セイのカナリアに対する恋というのは、カナリアに新しいボーイフレンドができたという話であっけなく終わってしまった…これはなかなかありうる話でしてバカにはできんぞ。そしてこのジジイ、老いてなお盛んである。しかしカナリアにですらボーイフレンドがいるというのに(以下略)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1759-ca0edf09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。