スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオカミさんと七人の仲間たち #1「おおかみさんと御伽銀行の仲間たち」 

おとぎ話がモチーフとなった本作、リルぷりといいこういうのはなんか流行って居るんですかね?
やはりおとぎ話ということで、ナレーションが入ったりするんですけどこれだけで何という存在感…まさに黒子そのものですよ。もう本作の半分くらいはナレーションで持って行ってしまった気がする。

とらドラと大河が大きくなったような女の子が出てきたんですが、なんでも大神涼子という女の子らしい。これがタイトルの「オオカミさん」ということになるんだろう。そして林檎さんという女の子が出てきたと思ったらヘタレな亮士という男子も出てきて、これでおとぎ話の白雪姫に出てくるメインの3人は揃ったことになるのかな? まあヒロインは姫ではなくオオカミですけど…。しかしこの亮士、気配を消したり射撃が得意って…なんかやっていることはストーカーみたいなことばっかですけど。

そして所属しているのは御伽銀行という銀行らしいんですけど、まあ部活みたいなもんですかね。扱うのはお金ではなくて、人助けをして貸しを作り、後で借りを返して貰うという話らしい。まあ善意の貸し借りといったところか、善意が貸し借りできるものかはおいておいて。

今回のクライアントは灰原さんという方で、想い人がテニスを辞めてしまうというのをなんとしても阻止したいという案件。まあ亮士が受け持つも人目の付くところが苦手なようでどうも上手くいかなったりしたんだけど、最終的に灰原さんのキックで物理的に阻止するという結果。この時落とした靴を頼りに想い人さんは灰原を探してくるんだけど、しかしこの蹴りで何かに目覚めたようで蹴ってくれと言ってきたり…コイツただのMじゃないか。一応話としてはシンデレラのパロディになっていますね。

ということでとらドラとかレールガンとか作ってきたJCスタッフの作品になるのかな、デジャブ感はあるんだけど話の勢いはあるので、このままいけば安定して面白い作品になりそうな気がしますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1773-ac356e1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。