スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院 #3「美し風、吹き抜けて」 

人をさらう天狗が出たという街の噂なんだけど、そういえば1話でタクシーの運転手も天狗が云々と言うことを言っていましたよね。マヤはそれとノストラダムスの鍵が関係あるのではないか?と思ってみたりしていたんだけど、文明の方は完全にダメ人間ですよね、定食屋の美風という女の子とデートと洒落こんだり。こいつ本当に2012年のエリートなのか? 1999年といえば文明の過去になるんですけど、自分の子供時代がTVに映ったりしているけど過去と未来の自分が同時に存在していることになるんだけどこの状態はSF的にどうなるんでしょうか。

さてこの美風という女の子は今回から登場なんですけど、おっとりした外見とは裏腹にドリフト使いだったり…いったいどういうキャラしているんだ。しかしここまで「良いキャラ」してると逆に何か裏があるのではないかと気になってくるんですよね。旧日本軍の地下壕跡で昔亡くなった人々を偲んで涙を流すシーンあったけど、あれは演技ではないと信じたいが…。逆に純粋が故にだまされやすいということもあるかもしれない。

マヤの方も地下壕に何か思うところがあって単独で行動です。そこに現れた謎の生物は一体!というところで次回。というか次回のサブタイが「文明の崩壊」というのは何だろう…フラれるとかそういう展開だったり?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1796-2757fc2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。