スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院 #8「まんま亜美~ヤ!」 

前回UFOの一件は作り話だったということなんですけど、どうもキャトルミューティレーションは違う一件らしいということでマヤは調べに行くことに。どうもいたずらにしては規模がでかいみたいなんだけど…。そんな折に亜美に呼ばれていたことを思い出して行ってみれば出てきたのはチュパカブラ…らしいんだけど、そうかあれがチュパカブラというものか。UFOは確かに嘘くさいんだけど、チュパカブラはどうなのかといわれるとどうなんだろう。

そんなチュパカブラに亜美がさらわれてしまったのを探しに行くんですがそんな折颯爽と登場するJK。こいつは居るだけで笑いを誘ってきやがるのにこんなに颯爽と登場されても! まあ事実ダウンジングが役に立っているんだからなあ。そして現れるチュパカブラの群れ! 亜美のオヤジは釘打ち機で攻撃するんですがこれがなかなか強いじゃないの。JKはダウンジングの棒で応戦、しかも強い! こいつこんなに頼れる奴だったとは。
奥に行ってみればチュパカブラの親玉みたいなのがいたんだけど、あっさりと釘打ち機で頭を吹き飛ばされてしまいました。おいおいこいつ満を持して登場してきた割には弱いな…。しかし足下を見てみると犠牲になった人?の骨が…。モスマンの一件といい結構人死んでいるような気がする…。そして亜美とマヤも仲直りいたしましたという話。

しかし裏で動いている教頭たちは一体何をしたいのか…うーん、まだよくわからないなあ。
そして次回予告の歌を歌っていたのは水なんとかさんらしいけど、一体誰なんだろう。
頭文字が「水」って結構絞られるとは思うんだけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1828-17680c08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。