スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院 #11「マヤの死」 

これあと数話で終わるのかよと思っていたら一気に話が進みました。
ここに来て一気に美風がエロを武器に攻め立ててきた。文明が帰ってみれば部屋に居るしこれは明らかに不審な行動、連れて行かれた先はなにやら怪しげな団体…そして美風とのキスシーン、怪しい腰使いとかこれは本当にテレ東のアニメか。そして美風の正体はなんと魔女でした!という話、おいおいちょっと待って話が一気に飛びすぎだろ…。

そしていつの間にか意外にもマヤのデレは結構入っているっぽい? 美風に株を取られまいとこちらも今回は積極的でした。もしかしたらマヤが鍵かも?という疑念が出てくるんだけど、文明は未来携帯で撮ろうとはしない。マヤに蹴りを入れられて罵られる文明、これはある意味ご褒美ですよね。

そしたら次の日にマヤが死体になって発見された! 第三者による殺人という話らしいんだけど、これは明らかに偽装っぽい。と思ったらやっぱりマヤは生きていたんだけど、実は教頭が白魔術師でマヤの死を魔法で偽装したという話。そして美風は魔術師に変身して攻撃してきました。オカルトという話を通り越して魔法の話になっちゃってるんですけど! それにしても美風の変身シーンは妙にエロかったな、そして教頭の白魔術師の風貌が全く似合わないといったらない。

しかしこれで大分話が繋がってきました。美風が黒幕の魔術師で魔界の門を開こうとしていてマヤの父親を殺した張本人、教頭は先代から仕える白魔術師でずっとマヤを守っていた、こうなると後は鍵がなんなのかということですよね。そういえばチラッと未来のシーンがありましたけど、あの司令ってなんかマヤの父親に似てますよね?? これも何か関係ありそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1851-516b409d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。