スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院 #12「千の風、美の尋めゆき」 

前回唐突に始まった魔法大戦、美風vs教頭の対決なんだけど、なんかいつの間にか大騒動になっているんだけど、街を結構壊していたような気がするけどあれは大丈夫なのかな?? まあ街の住民も洗脳?されていたっぽいけど。美風と文明がキスをしたという一言で心にスキができたか、教頭は敗れてしまった…最後の力で文明の元に。最後の教頭のポエムは今になってくるとじわじわきますね。

そしてマヤが生きていることを知ったこずえたちなんだけど、これを追ってくるババアが二匹! これは怖いわ…。美風は魔方陣からチュパカブラやらモスマンやらを召還していたけど、そう考えるとこのババアもその手の類っぽいですよね。最後に轢かれて緑色の血だったし。しかしこずえはまた洗脳されちゃったんだけど、なんかいつもこういう役回りですね。

最終的に行き着いた先は学園。実はマヤの手帳は教頭がすり替えておいた偽物だったということで、本物は実はここにあった!という話。なるほどここに誘い込んだわけですな。マヤは手帳を手放してしまうけど、ここにきた文明が読み出すとそれに続いてマヤも詠唱開始。全てを封じる魔法が発動して美風は封印されてしまった? 同時に教頭やら使い魔も全部消えてしまったんだけど……。しかしこの学園そのものが魔方陣になっていたのか、こうなることをここまで読んでいたとするなら親父は大したものだわ。

未来携帯によると美風がノストラダムスの鍵らしいんだけど、これを封印したから大丈夫!と思ったら未来は変わっていなかったという話。まだ何かが足らないのか、そもそも滅んでしまったという事実は変えられないのか? 世界が分岐したと解釈もできそう? しかし気になるのはこの未来携帯ですよ、美風を映してノストラダムスの鍵と判断したんですけど、そこには同時に文明も映っていたはずなんですよね。ノストラダムスの鍵は文明とも解釈ができるわけで、そうなると解決はしていないことになる。うーむ次回最終回だけどどうなるんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1860-03fc74fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。