スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティ&ストッキングwithガーターベルト #1 

タウンにはびこるゴースト達をやっつける天使の話!と書けばきれいなんだろうけど、とんでもない、一話から文字通りクソがあふれる下品極まりない作品でした。直球でクソって書いていいのかちょっと躊躇するんだけど台詞でクソとか言っちゃってるからしょうがないよね…。
そもそも第1話のサブタイからして「仁義なき排泄」ですからね、トイレに人が喰われるという事件が発生してみればトイレの配水管でクソで窒息した配管修理工のゴーストという話。クソが合体して出来た実体を破壊してみれば街中がクソまみれになってその後のフォローが無し…というのは思い切りがよくていい。最後爆発するときだけ実写だったんだけどこれは何かシャフトっぽい。
2話は車にゴーストが取り憑いてどんどん早くなるという話、これも最後は実写の爆発だったんだけど、これはそういうくくりでもあるのかな。しかしいきなり男とチョメチョメしているシーンから始まるアニメなんてそうはないよね、台詞でもビッチ呼ばわりされてたし、もうそういう扱いでいいのかな…。

絵もそうなんですけど話が2本立てに短いOP・EDと構成もカートゥーンアニメを意識して作られてます。まあカートゥーンといってもパワーパフガールズくらいしか知らないけど…。ただ天使モード(?)になるときだけ頭身が上がってジャパニメーションみたいになる。最初からこの絵でやれよとは思うんだけどこの絵でビッチだったらとか思うとちょっとショックがでかいからまあこっちでいいかな…。話はとことん下品、それが逆に新鮮ではあるけど、これを延々とやられるとちょっと疲れますね。

そして思うんだけど、このアニメってどういう層を狙っているのかがちょっと分からない…。
これで採算がとれるんだろうか?といらないところに目がいってしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1863-cc9bde3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。