スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院 最終回「マヤの文明」 

このオカルト学院も今回で最終回。アニメノチカラもこれで終わりか…。

ということでちょっと過去の話なんだけど、校長は教頭に魔法で飛ばされて東京?に。そこに居たために学院が宇宙人に侵略されてもなにも手出しすることができなかった。その後世界の終わりを見た校長は2012年に文明を送ったという事で、なるほどこれで話が繋がってきたぞ。しかし美風は封印したはずなのに未来は変わっていない。

一方の1999年は、美風も居なくなって後日談っぽい話になっているんだけど、マヤは幼い文明少年と母親をオカルト学院に呼ぶという粋な計らいを…したつもりなんだけど。ここにきて大きな一つの疑問がわき上がってくるわけで、それは「過去の自分に会うとどうなるのか?」ということですよ。なにやら雲行きが怪しくなってきたところで、文明自身がノストラダムスの鍵だったと判明…いや正確には「文明が子供の自分に会うこと」が鍵だったと言えるかな。未来の校長は皮肉にもノストラダムスの鍵を自ら送り込んでしまったということか。

そして二人は出会ってしまった。開かれる異世界の門、侵略してくる宇宙人! やはり未来は変えられないのか?というところに文明が一人「歴史が変わるのはここからだ」とカッコイイ台詞を言って自分の超能力で、いや子供の文明少年の力を使って宇宙人を門の向こうに追い返した! 文明もその門の向こうに消えていってしまったけど…。

2012年の未来も変わっていて校長が居たところは東京スカイツリーの真下。宇宙人の侵略も無く、マヤも文明少年と結婚して(?)、普通に平和な世界が広がっていたという話。しかしこれは文明の自己犠牲で成り立った平和、なんとも言えない余韻のもと話は終わる…。

最後の15分くらいで怒濤の展開、そしてノストラダムスの鍵など話が繋がる様は見ていてすごくスッキリして気分が良かった。まあ校長の記憶はどうなったのとか、美風のカレーライスに関する伏線はなんだったのかとか、気になるところも無いわけでもないけど、それを吹き飛ばすくらいの爽快ぶり! まあタイムパラドックスに関してはよく分からないんだけど、俺たちなりのタイムパラドックスに対する答えはこれだ!という迷いの無さが画面に現れたと思う。非常によくできた最終回でした。


(個人的には確かにオカルト学院はよくできてるんだけど、これと比較されて前2作がダメだったと言われるのがすごいショック…)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1876-8b614103

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。