スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極上!!めちゃモテ委員長 セカンドコレクション #34「香りはモテ子のアクセサリーですわっ」 

前回やってきた留学生ことナオミは母親の香りを求めて日本にやってきたのだった。けどその香りは何なのかがよく分からない。うーむ記憶だけで探すのはさすがに難しいかな。でもナオミが帰る時期が近づいてきたのでなんとかして探してあげたいところではあるんだけど…。あと、ナオミは東條のことは別に意識しているようでもなさそうで、まあその点に関しては委員長も安心と言ったところか。
日本ならではの香りとはどんなものなのか? ということで色々と試行錯誤するんだけど最終的には「桜」の香りということまでは分かるんだけど残念ながら季節があわない。ここで利子の研究所の桜の木を見せてもらって万事解決、久しぶりに利子が役に立ったな(今まで役に立ったことがあったかどうかはあんまり記憶に無いけど)。

しかしこのナオミの母親生きてた!というか無茶苦茶元気じゃん。
ナオミが一方的に母親の香りを気にしていただけで、当の母親はあんまり気にはしていなかったということか…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1962-55c80d2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。