スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #8「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」 

前回桐乃が小説を書くぞ!とやる気を出していたのは覚えているけど、今回は唐突にそれが売れていてアニメ化にまでなるという話。もしかして間に一話飛ばしてしまった?と疑ってしまうレベル。というかまず単行本になっていたのが驚きですよ、一応形にはなっていたんですね。

さてそのアニメ化ですよ、単行本が一冊しか出ていないのに唐突にアニメ化(しかも新人)というのも急ですよね、そう思ってみると元々枠があったんだけど急遽キャンセルされて桐乃の小説に白羽の矢が立ったらしいというなんとも「大人の事情」が見え隠れするアニメ化。しかもそのままアニメ化ではなくて制作者側の思惑が色々と交錯するんだけど、主人公をいっそ男にしちゃう…というのは原作付きとしてそれはどうよというレベル。時間が無いのも分かるけどそこまでしてアニメ化する必要もあるのか?という話ですよね。会議に出た桐乃もなんか疲れ果ててしまって元気をなくしてしまった…。まあそりゃそうですよね、自分の原作が影も形も無くなりそうなんだから…。
そして京介が代理に打ち合わせに出るんだけど、一緒に同行していた黒猫が色々とぶちまけてしまった! 脚本家の私怨というか嫉妬(?)が相当入っていたっぽいんだけど、これはやっぱりちょっとスカッとしましたね。結果として桐乃の意見もそこそこ通るようになって原作通り?アニメ化がされそう。

しかし…どうにも腑に落ちない所があるんだけど、これをアニメでやるかという所ですよ。自虐的というか現代アニメに対する皮肉なのか…これを制作者側がやっちゃっていいものなの?というところがどうにも引っかかるんですよね。まあ黒猫が可愛かったからいいけど。桐乃の評価は落ちていくけど逆に黒猫の評価は上がっていくという構図、この作品のヒロインは黒猫だったのか…。

そして気になる映像。なんか秋葉原の喫茶店で流れていた映像にバイソンやらアトランジャーが映っていたような気がするんだけど…。ザ・アニメージの世界をアニメ化するとあんな感じになるんでしょうかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1983-eb1e6a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。