スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rio RainbowGate! #2「ゲートホルダー」 

ギルドなるディーラーの総元締め?らしきところが13枚ばらまいたカードが世界中に点在していて、それを集めると最強のディーラーの称号を得られるとかそんな話が。リオもそのカードを1枚持っているという事。13枚…というとカードの数なのかなと思うんだけど、ちょうど1クールというとらえ方も出来ますよね。
そして新人のアーニャという女の子。典型的なドジっこという事なんだけど、何もないところでこける…というのはキャラとしてはありがちなんだけど、時々あり得ない転げ方してますよね、転けた上にスライディングとか…。その転けたらピタゴラスイッチみたいに連鎖していく様は面白かった。というか転ける度にあんな損害が出たらやばいんじゃないかな。

そんな折にやってきたのはカードを持つというエルビスという男。うーむ、確かに女たらし?ではあるけど、客に幸運を振りまく様は単なる「嫌な奴」ではなかったですね。まあかませだろうとは思ったけど。自身曰く数字に愛されている…ということなんだけど、なるほど色々と計算しているようでそこには偶然ではなく必然があるのみといったキャラのようで。
このエルビスがリオに勝負を挑んできたんだけど、今回は巨大ルーレット対決。というかこれって巨大である必要無くね?(とツッコんだら負けか)。アーニャに指先を傷つかれて絆創膏を貼られたんだけど、てっきりこれを忘れて負けるパターンかと思ったんだけど、ちゃんとそこも計算に入れているようで、なるほど世界に13枚しかないカードを持つだけはあるな。しかし、その絆創膏が外れてしまう…ということまでは計算に入れていなかったようでリオの勝利で幕。

さて、今回の勝負イメージはビーチバレーと来たんだけど全然関係なさ過ぎて逆におもしろい。こういうハッタリをかましてくるアニメ嫌いじゃないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2022-bd8314c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。