スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか★マギカ #6「こんなの絶対おかしいよ」 

前回から続いて赤い人こと杏子とさやかとのいざこざ。とりあえずほのか乱入で今回はこれ以上の流血は避けられたが…。今回を見るとほのかは杏子を知って居るっぽい? ほのかは2週間後にくる(らしい)ワルプルギスの夜を倒したらこの街を去るし、これ以降はほのかではなくて赤い人に街を全て任せてもいいという話。それが2週間後に来るというのは何故分かるのか、そしてワルプルギスの夜というのは何なのか? やはりほむらは違う時間軸から来たと考えるのが自然か?

そしてさやかは無駄に強い正義感からかほのかも敵だと思っているし、まどかのことも鬱陶しく思い始めているような印象も受ける。そう思っていたら上条くんはいつの間にか退院していたらしい…さやかには何も言わずに、というのが実にいやらしい。

まどかの方はママに相談しているんだけど、あえて間違えてみるというのもなるほどいい話だ。大人になる前に間違え、失敗して、そこからどうするか、というのを勉強してくというのは確かに重要な事、ではあるんだえけど。
再びさやかと杏子が対決することになるんだけど、その際あえてさやかからソウルジェルを奪って投げ捨ててしまう…とさやかは死んでしまった?? そうか、なウルジェムの方が魂の本体で、肉体はすでに死んでいる、ゾンビ状態であるということか。なるほどソウルジェムさえ壊れなければ肉体はいくらでも復活可能というわけで、戦う際には便利なわけだ。例えば手足を失っても首が飛ばされようとも復活は可能ということになるのかな、まあその際の魔力はどこから持ってくるのかという話を別にすればだけど。
このことは杏子も知らなかったようで、キュウベエは「聞かれなかったから言わなかった」としれっと言ってのけたんだけど、魔法少女になる際に都合の悪いことは何も言わないというのはまさに狡猾。命のやりとりなのにそれを無機的なモノとしか思ってませんよね。しかし今回こういうことを知ってしまった以上、まどかを魔法少女にするのは逆に難しくなったんじゃないのかな?? それとも手を変えてくるか?
まあ、今回はほむらが取り戻してくれたおかげでさやかは助かったけど…まどかが投げたときに割れなかっただけでも良かったというところか。ほのかはさやかのことを煩わしくは思っているけど、やはり身近なところで死んでほしくないといったところでしょうかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2055-3f645b08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。