スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK -ゴシック- #7「夏至祭に神託はくだされる」 

灰色狼の村にやってきたヴィクトリカたち。そして村長のメイドであるアンブローズというキャラ。もちろんヴィクトリカがコルデリアの娘であると言うことはもう知れ渡っているんだけど、それでも一応は中に入れてくれて案内までしてくれた。

そしてコルデリアの殺人容疑。いろいろとコルデリアを犯人にするには刺された位置が不自然だったりと近くにいたというだけでは色々と無理があるらしい。誰かがコルデリアを犯人に仕立て上げたと見る方が自然か。コルデリアはヴィクトリカを生む前に村を追い出されたはずなのに、コルデリアの住居跡にはヴィクトリカの映った写真が? 後から誰かが入れたと考えるのが普通か。閉鎖されている街なのに電気は通っているし、これは誰が引き入れたのか?という話ですよね。

ヴィクトリカや一弥と一緒に村に来た謎の男たちも、一人ずつ死んでいったり…事故なのか殺されたのかはいまいち分からないけど。事故に見せかけた殺人と見るべきか。というかこの男たちは一体何をしに村に来たのかという話ですよ。まあシスターも気になるところではあるが…。

そして今回の一番の目玉はヴィクトリカの入浴シーンですよ! ああこれはイイものだ。そして背が伸びるかどうかをいちいち気にしているヴィクトリカも可愛いですよね、ヴィクトリカはそのままが良いんだよと言ってあげたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2061-e48eb913

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。