スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエルペット てぃんくる☆ 最終回「3つの願いにドッキ☆ドキ!」 

ついにやってきてしまった最終回。やはり1年続いてきた作品が終わるというのは感慨深いものがありますね。OPから全員で合唱(と唐突に入る合いの手)というのはビーストウォーズ的なアレを思い出すけど、これもなんかスタジオで一発録りっぽいですよね。

前回に問題事は全て解決してしまったので今回はその後、あかりちゃんは最後に何を願うのか、そしてジュエルペットたちとの別れ、というのがテーマになってくる。あかりちゃんの願いというのはまあ色々あるんだけど、ミリアと沙羅のために使おうと考えてはいたんだけど、二人とももう自分の足で歩けるからという話。アルマもフェアリーナ様と一緒にレアレア界で過ごせるらしい。

そんな折にジュエルペットたちとの別れなんだけど、ジュエルペットたちは時々レアレア界に遊びに来ているようで、今生の別れというのではないらしいけど、ルビーだけはなんか仕事が与えられていつ会えるか分からないし、会えたとしても10年後とか…いやもう二度と会えないのかも知れない。あかりちゃんは唐突に別れを受け入れられないんだけど、それでもルビーは「いつまでも子供では居られない」「いつかは大人にならなくてはいけない」となかなか厳しいお言葉。そしてそんな時にやってきたのがアルマ、アルマもレアレアで自分の足で歩いて行くと言うんだけど、これを言うのがアルマというのに意味があるよね。もう魔法が無くてもみんな一人で歩いて行ける。

そして卒業式とあかりちゃんの3つの願い。なんか漠然としたものではあるんだけど、未来に向けた意志は伝わってきました。EDの合唱をバックに大フィナーレで、後日談的なものもチラッと流れてきたり。アルマもレアレア界に馴染んだようで、あかりちゃんも進学したしまあみんな笑顔で終わってよかった。もう何も思い残すことはない、実にスッキリした終わり方だったと思います。確かに派手ではないんだけど、地道に成長を描いてきたおかげであるこのフィナーレで、やはり52話という蓄積は大きいですね。

そして次期の番宣。「サンシャイン」ということなんだけど、キャラがよりエロゲっぽくなったような。ぱっと見るとコミカルな印象で、雰囲気としては一期に近いかな? ジュエルペットは共通で、キャラクターや世界観は毎期ごとに変わるというのもなかなか新鮮ですよね。次期は今作と比較してしまうのでどうしてもハードルが高くなってしまうんだけど、さてどうなることか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2088-8769c981

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。