スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは #2「復讐するは、まかないにあり」 

緒花のやる気だけが空回りしていて、女将からは逆に邪魔と言われる始末…。
小説家の原稿も間違って捨ててしまった?

しかし今回は必要な説明を全然してくれない菜子にも問題があるよね(それを言わなかったけど)、これはちょっと人選的にどうなのかな…とは思うけど、女将が敢えて前向きにさせるために菜子を敢えて指名したのだと思いたい。そして民子のほうは今回も料理失敗、そして緒花にまかないを作ってもらったりして面目が丸つぶれ。いつも損な役回りばかりです。
しかし緒花も板前に「友達いないんんじゃないか」と言われたりして、なるほど緒花も確かに回想を見るとKYでぼっちだったっぽいですよね。そして「他人に期待しないのなら自分には期待できるのか?」という鋭い質問。緒花もKYも止めるしみんなに期待するから、民子も死ねとか言わないで、菜子も逃げないで、と半ば強引に詰め寄ったらなんか二人との距離もちょっと近づいた…? 少なくとも菜子は緒花には感謝しているけど民子はどうなんだろう…これが距離を縮めるきっかけになればいいんですけど。

そう思っていたら小説家の原稿が出てきたと思ったらなんとエロ小説だった! しかも当の本人が迫ってくるし、これはなかなか気になるところで次回に続いた! 次回のサブタイトル「ホビロン」っていうのも謎の単語で気になるところですよね。
女将も陰湿かと思いがちなんだけど客商売やるならまっとうな事を言っている気がする。そして何より緒花の性格がいいですよね、さっぱりとしていて重苦しい話になりそうなんだけど、そうはならないようバランスを保っている。若干空回りしているのは気になるところだけど、これからどう成長していくのか楽しみなところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2097-4357c852

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。