スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは #6「Nothing Venture Nothing Win」 

どうも喜翠荘の経営はあんまり芳しくないらしい。

そこで経営コンサルタント登場ですよ。確かに衣装替えというのはアリな訳だけど、服のチョイスがちょっとアレというか、あんまり古びた旅館にはあんまり似つかわしくないというか、チャイナコスなんてもう別の店になっちゃいますよね。まあ案の定女将さんにダメ出しされてしまったけど…。しかし女将の前で潰れるとか傾くとか言ってしまう緒花もそうなんだけど、「もうすでに傾いている」と返す女将も女将ですよね、面白い返しです。

それでも一応何とかしなくてはいけないという意識は緒花も強いようで、女将に食い下がる。そんな中豆じいが見せてくれたのはかつて女将が着ていた華やかな衣装の数々。なるほど、かつて女将も緒花と同じように変えようとしていたわけか、やはり同じ血筋ですね。客の中にも昔の女将を思い出してくれる人もいたり、なかなか歴史を感じさせてくれます。なんか私たちの戦いはこれからだという最終回っぽい終わり方でした。

しかし恋愛方面はどうだろう、なかなか泥沼化しそうな予感…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2104-d49ddb55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。