スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは #11「夜に吼える」 

雑誌記事の話なんだけど、喜翠荘は10点満点中5点とあんまり芳しくなく…。以前母娘で泊まったのはなんだったんだろう。しかし点数が芳しくないのは喜翠荘だけではなく、付近の旅館もあんまりよくなかったらしい。やはり新しく出来るというリゾートホテルと点数との関連性を疑ってしまうが…。しかし女将は「評価は他人がするもの」となかなか冷静。

しかし緒花は納得せずに東京の雑誌社までわざわざ抗議に行くという事で、これもまたすごい行動力ですよね。雑誌社から一応記者は誰かというのを教えてもらったんですけど、それが意外にも母親だったという…。一応、上からの指示があったらしくて旅館の評価をわざわざ下げたという事らしいけど、泊まりもしないで旅館の評価記事書くというのもちょっとアレですよね、しかも親の経営する旅館を。まあ仕事として割り切っている、と言われればそうなんだろうけど。

話は平行線のままで終わってしまって緒花は抗議するために会社の前にプラカードもって座り込み。相変わらず行動力がスゴイ。そこに孝一からメールが来て本屋でバイトしていると言うことで見に行ってみればなんかバイトの女の子と仲が良さげな雰囲気……。その後、緒花と孝一で喫茶店に行ってみればやはりそういう話になるわけで、孝一はあの女の子に告白されたけど態度はあいまいなまま。緒花は相手に失礼だと言おうとしたところで自分も返事をしていないことにハッとするんだけど、今回も曖昧なまま別れてしまったんだけど、そこに民子と徹が…というか何故この二人がここに? 緒花を迎えに来たのかな、それでも東京でピンポイントで会うというのもすごいですよね。

旅館と東京で三角関係という事でなかなかややこしい話なんだけど、孝一と緒花はなんかこのまますれ違うまま終わってしまう雰囲気が漂い始めた。うーむどうなってしまうんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2110-010514fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。