スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは #21「蘇る、死ね」 

唐突に若旦那とコンサルタントの崇子が結婚することになったんだけど、女将は意外にもあっさり承諾? ただし式をちゃんと挙げるようにという前提が。経営状態も芳しく無いのですけど、その状態で式というのも結構辛いものが(お金無いのはこの若旦那のせいもあるけど)。しかし崇子の提示した160万円というのは結婚式では結構安い部類に入ると思うのだけど、これは地域によって違うものなのかな? まあそんなことで喜翠荘で式を挙げるという話に。

料理を買い出しに行く徹と民子なんだけど、やはり前回のオムライスの「Love」の文字は届いていなかったか…。しかも徹が全面の笑みで緒花のことを話し出すし、これは民子には辛い。そしてこのやるせない気分は緒花に向くんですけど、ここで華麗に「死ね」が復活。もうホビロンとか言っている精神的余裕なんてないですよね。しかし民子も緒花に徹と付き合えとかなかなか無茶を言ってくる。もう自分で何を言っているのか分かんないといった状態でしょうか。

そして崇子は女将に自分が認められていないんじゃないかと思って結婚を白紙に…なんて言ったら、女将の方から昔話が。この喜翠荘は跡継ぎのいない旅館を引き継いだもので、譲り受けた際にスイに喜んで欲しいから喜翠荘という名前にしたという事なんだけど、イイ話じゃないの。そしてあの女将が若旦那をよろしくと頭を下げた!? しかし若旦那と崇子に喜翠荘を任す気は無いと、最後に持ち上げて落としてきました。いや、まあ確かにあの若旦那に継がしてはダメなような気はするけど…。廃業するのか、それともやはり主人公的に緒花に継がせるのか、もしくは外部から連れてくるという選択肢もあるかな?…これは気になる所。

喜翠荘のこれからの道筋を描いてぼんぼり祭りで締め…というところか、あと数話なんだけどなんとなく終着点が見えてきた気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2128-2d9cc627

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。