スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは #22「決意の片思い」 

前回、民子と緒花の関係がちょっと険悪になってしまった。

ここで緒花が孝一をこれからも片思いし続けると決意して、これを民子にいったら余計にこじれてしまってケンカになったんだけど、よりによってこの場面を徹に見られてしまっていた。ということで、なし崩し的にケンカも終わってしまったんだけど、徹曰く、緒花のことも確かに気になるけど、一応民子のことも見ていてくれたみたいで、民子もちょっと一安心? 民子も片思いするという決意。しかし緒花の孝一に対する気持ちというのはここ最近忘れてたような気がするけど、今になってやっと表に出てきましたよね。

このごたごたを引きずらずになんとか結婚式に持ち込めてとりあえず良かったという所か。息子の晴れ姿をみて女将もなんか嬉しそう。ブーケトスは巴に…と裏工作していた模様なんだけど、何故か豆爺に…。余興では豆爺もノリノリで次郎丸となにか寸劇を。
さてここで女将が気になる挨拶を。「新しい未来を眺めさせてもらう」……これはもしかして引退宣言? その後集められたみんなの前で「ぼんぼり祭りを最後に喜翠荘を閉める」という話。しかし若い力に期待している節もあるので「喜翠荘」は今代限りだけど、次の新しい世代に名前を変えて受け継がせたりするのかな? まあそこには自発的に受け入れようという者が居なければならないのだけれども…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2129-4b237403

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。