スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3 -シーキューブ- #3「彼らの温度の二律背反」 

ついにフィアが本性を出した? フィアは拷問具ということなので、攻撃もアイアンメイデンとかそれっぽいのが出てくるのですが、前回出てきたピーヴィーの腕をギロチンで切り落としてしまう。首ちょんぱされないだけマシで、腕で済んだのを幸運と考えるべきか…。ピーヴィーは包帯の人に助けられるのですが、中身がロリっぽいです。

フィアも自我が目覚めて以降、罪の意識に悩まされるようになったようで、春亮の前から逃げ出してしまう。そして海の底に自ら沈みかけたのですが、春亮に助け出されてました。このフィアが本性を出している時に委員長が接触したのですが今回はなんとかしのぎきったかな。というかフィアの攻撃をかわせる委員長も何者だということになりますね。しかしなるほど、こういう暗と明がくっきり分かれて…となるとゆかりん意外の声だとなかなか難しいかもしれませんね、これはナイス演技です。

そして、春亮もフィアの事を認めてくれるっぽいし、このまま居候になれるかという所で次回に。このまま暗いまま話が進むのかと思ったらCパートで普通の日常に戻してきました。春亮に恩返し?ということで全裸でご奉仕的な話になってきたところを見られるという、まあ所謂お約束的な展開ですな。
しかし、今回逃げたピーヴィーも未だ戦闘意欲は満々で再戦は必至か。ここまでフィアに執着するのも理由がありそうだけど、まあフィアの過去が過去だけに何があってもおかしくないですね…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2137-f5021d34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。