スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3 -シーキューブ- #4「夜には母親と抱き枕を」 

前回で一山ついたので、今回はキャッキャウフフな休憩的な日常回かと思いきや。

ピーヴィーが再び攻めてきたのですよ。ロリっぽいマミーメーカーはあんまり争い事は好まないらしく、春亮達にフィアを渡せばそれ以上干渉はしない旨を提案してきたのですが、それはマミーメーカーが勝手にやったことらしく、ピーヴィーに殺されてしまった? あれあれ、もしかしてマミーメーカーはこれで退場なのか?? というか、マミーというだけに、ミイラ的な不死の存在かと思っていたんですけど、そうでもなかったか…。

そして、このはもフィアに死んでくださいと言ってくる。もっともこれはフィアの気持ちを確かめたかっただけみたいだけど。しかしながら、ピーヴィーが自ら呪われた道具をもって参戦してきたわけで、これにはさすがのこのはも劣勢か。フィアは「戦うな」と言われるんだけど、春亮を助けたい一念で再び参戦!

委員長は一応まだ外側に居るのですが、色々と何かを知っていそうですね。果たしてどちら側の人間なんだろうか?


ところで、今回のサブタイトルは「母親と抱き枕を」とあるんですが、どこら辺に母が話に絡んできたんだろう? そもそも誰の母なのか?? というのはちょっと気になるところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2139-aa16e65d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。