スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3 -シーキューブ- #10「嗜虐者は何処にもいない」 

殺人事件が町で起きているらしいのですが、人間を立方体に縮めてしまうと言うなかなか猟奇的なもの。まあ絵になってないだけよかったというものだけど、これでよく身元がわかるもんですね。立方体にするということはフィアに何らかのメッセージを送っているということかな。そして前回犯人は私ですと言ったアリスはなるほど、こういうことだったか。アリスもフィアを確保したいというのが最終目的なんだろうけど、ちょっと違和感があるというかなんというか。殺人事件の犠牲者は黒絵の美容院を使った者という共通点があるのだけど、店前の防犯カメラを見てみると犠牲者の髪を渡される黒絵の姿が映っていた? ということは何らかの接点があるということなのか?

黒絵はフィアと淑乳同盟。まあこれはある一部の人には需要がありそうな同盟だけどこのはの乳に対しての淑乳ですからね、前提からしてすでに負けている感が…。

そして委員長ですよ、なんかエロイシーンが。ボンテージ的な衣装なせいもあって確かにエロいんだけど、自分で自分を傷つけているというのはなんかリストカット的なモノを感じますね。そしてそれを春亮に見せてくるんだけど、意外にも春亮はノーリアクションというか淡泊というか…。しかし自分をさらけ出した結果、春亮に対する負い目?みたいなものも無くなったし、これで素の自分を出せるというものかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2154-092b9b41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。