スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー #10「なみだ色の雨やどり」 

ああ…これはもう確定的ですね。

ぬこ部の活動を通じて、みう先輩と新吾の仲は深まるばかり。そんな中でも紗凪は必至にいつも通りを演じようとしているのだけど、それも周りから見ると痛々しく見えてしまう。楽しいランチタイムが最後の晩餐みたいになってしまったかのように空気が重々しい…。

ぬこ部も動物を野生に帰したのもあってか、だんだんと少なくなってきました。ぱんにゃも元々は野生だったらしいのですが、野生の中で群れをなすぱんにゃ…というのはちょっと想像つかないですね。なるほど、ぱんにゃを野生に…というのがこの作品の最終目標になりそうです。

そして紗凪は前回ネコを引き取ったのですけど、紗凪はネコアレルギーだった。それでも引き取ったのはネコのしんごだけでも自分のものにしたいという気持ちがあったのかもしれないけど、やはりみうと二匹一緒じゃないと調子が悪いらしい…。そう、しんごとみうは一緒に居るべきなのだと自分に言い聞かせるかのように呟く紗凪、これは辛い。ネコにすら望みをかけることは出来ないのか…追い込みがさらにかかる。

その後ついに新吾からみう先輩に告白! みう先輩もOKしたし、これはめでたい!…はずなのですが。二人しか居なかったはずの部室のドアが開いていた…ということは! 雨の中無く紗凪、それを受け止める愛理。oh…どうしてこうなった…。

紗凪に感情移入させるような話になっているのだけど、それを打ち砕くかのような怒濤の展開。この作品のメインは「甘いハッピーエンドのストーリー」ではなく「紗凪の失恋ストーリー」だったということなのかな??。エロゲ原作アニメで失恋をメインにもってくるのはかなり珍く、これは冒険してきましたね。あと2話あるのですが、ここからどうアフターを描けるか、ちょっと期待しちゃいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2162-85c8c347

クロムハーツ 財布

壮大 提出非常に有益。なぜ私は思ったんだけど、私は熟考かしら 反対 理解この| |この分野の専門家が専門家は いないしない 。あなたべき |あなたの文章 PROCEED続行を。 私はね 自信、あなたが持っている 巨大を読者の基盤はすでに。
  • [2013/10/24 14:36]
  • URL |
  • クロムハーツ 財布 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。