スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない #12「僕達は友達が少ない(`・ω・´)」 

さあ、いよいよ最終回!
OPにSEが入ったのですが、むしろ無いほうがいい的な、あんまりセンスのない残念すぎるSE。いや、まあある意味このアニメにあっているのかもしれませんが。

前回夜空が髪を切ってきた…というところからなんだけど、場面は1話に戻って回想シーン。夜空は1話の時点ですでに小鷹は昔知り合ったあのタカである、ということをすでに気づいていたという。そしてさり気なく(?)気づいてもらおうと席のそばをわざわざ通ったりしていたらしいんだけど、なんとも回りくどくて分かりにくい。まあそれが不器用な夜空にできる精一杯だったんでしょうね。そして小鷹に気づいてもらいたい一心から隣人部を設立して今に至る…。隣人部の申請をマリアにしにいった時は、先生に対して一応敬語を使っていたけど、マリアの横柄な態度にキレてしまった。今になってはもうあんな扱いだしなあ…。

昔のようにタカ・ソラと呼び合う関係には今更戻れないということだけど、そうかなあ? …とはいえ高校生で男女間の友情、となるとどうしても恋愛感情が入ってくるから難しいのかもしれません。自分たちは友達を作ることができるのか!?という、所謂俺たちの戦いはこれからだEDっぽいといわれれば、そんな感じな終わり方でした。

そういえば「僕は友達が少ない」というタイトルなんだけど、「僕」が一人称のキャラクターって一人もいませんよね。この「僕」というのは一体誰なのか、というのは気になるところで、深い意味が隠されているのではないかと考えてしまうのですが…。

ということで、終わってしまった本作、個人的には結構気に入ったのでぜひ二期をやってほしいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/2175-6e26821d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。