スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリー・パニック! 最終回 

エトワール選ということで、渚砂・玉青と天音・光莉が出馬したのですが、最終的には横からいきなり入って出てきた静馬が渚砂をさらって愛の逃避行、天音・光莉ペアがエトワールに。
これじゃ玉青と夜々が完全に噛ませ犬状態、哀れすぎて何か妙に後味の悪い結末になってしまったんですが、ここで千華留先輩が出てくれば(雰囲気的には幾分か)緩和されたんだろうなぁ。でも、結局「どっちもとらない」という玉虫色の結末にだけはならなかったのが救いでしょうか。
そしてル・リムは作品にほとんど絡まなかったのが残念と言えば残念。嫌味も無く良いキャラ揃ってたんだけどなぁ。

ということで、このアニメは「マリみて」の直系にあたるとは思うんですけど、マリみてよりもはるかに官能・エロスを漂わせていました。その点ではもはや別ジャンルとして扱ってもいいのかも。光莉を巡っての策略とか陰湿な描写もあったんですが、それでも全般を通してある種の美しさは損なわれなかったかと思います。
ありえない展開連続(それを言うと舞台設定からしてありえない訳ですが)である意味笑えたし、そして「百合」というコンセプトからまったくぶれなかったこの作品はある程度成功したと言っても過言ではなく、そういう点では評価されてもいいかもしれません(個人的に渚砂×玉青で終わって欲しかったので最後に評価がちょっと下がった)。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/311-b7dc9e13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。