スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラムネ #5「星空と望遠鏡」 

愛知での5話を視聴。

今回は妹の鈴夏担当回。
流星群を見るという約束を巡ってのすれ違いという話。
話そのものはいつも通りダラダラと進んで、最後は仲直りして締め。
やはりハッピーエンドは気持ち良いものです。
しかし鈴夏は柔道部だったのか。この手のキャラにしては新鮮です。

一応、鈴夏の七海に対する嫉妬らしきものはあったんですが、それは子供の時の話。今現在は兄である健次には兄妹以上の感情はそんなに無さそう?に感じました。むしろ七海を応援しているようです。先週の会長もそうでしたが、登場人物総出で健次と七海をくっつけようとしているように思えます。ハーレムエンドはこのアニメにはあり得ない訳で、だからこそ嫌味がなく安心して見ていられます。
…とはいえ、SHUFFLEの例の修羅場を先に見た(見てしまった)せいか、もしかしたら心の奥底では…?なんて事も思ってしまうわけでして、のほほんとしたこのアニメにはそれが杞憂であることを願っています。

そして次回予告の「てれりこてれりこ」…とてもSHUFFLEで「死んじゃえばいいのに」と叫んでいた楓と同じ声とは思えません。
後藤さんは偉大ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/32-3d3246e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。