スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装練金 #3「キミは少し強くなった」 

斗貴子さんがホムンクルスになる日が刻々と近づくにも関わらず、創造主が見つからなく焦る…という話。

そんな緊迫した状況を一変させる力があるのがまひろでしょうか。いきなり「制服貸してくれ」といわれてOKしたり、「体操服貸してくれ」と言われてブルマ出したりと、かなりの天然系。これは新しい妹の形かもしれん。

そしてカズキが蛙の人と遭遇して闘っている時に斗貴子さんはカズキの部屋に。そこにエロ本を貸しに来た岡倉に一言「エロスはほどほどに」とは斗貴子さんも淡泊だ。
蛙の人と闘ってカズキも武装錬金の使い方を知ったのか蛙の男を撃破、その後やってきた斗貴子さんは薔薇の人を撃破ということで、今回で2匹のホムンクルスをやっつけたことになりますかね。
そしてカズキの怪我の手当をしながら一言「君は今日少し強くなった…」、カズキを一人の戦士として認めた瞬間とも言えるでしょうか。イイですね~、斗貴子さんカッコええ~。でもあの見えそで見えない鉄壁のミニスカートはなんとかならんもんでしょうか。こう言うと「エロスはほどほどに」と言われそうですけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/350-c30d3e6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。