スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女はお姉さまに恋してる #3「おとめが乙女を選ぶ時」 

今回はエトワールエルダー選とのことですが、あれ? 案外あっさりとエルダー選~開票まで進行しました。そのエルダー選、瑞穂を「男」と知っている人たちが煽っていたりするのがある意味スゴイのですが、まりやがあそこまで瑞穂を祭り上げる理由がちょっとわかりませんでした。

で、世界史の授業で瑞穂と貴子の会話があったりとちょっとした展開もあったんですが、エルダー選は結局瑞穂に軍配が上がりました。
それに異を唱える貴子の気持ちも分からなくはないですが、壇上で演説するの見ていると逆に未練がましいというかちょっと見苦しく見えてしまいますね。ただ、自分の思ったことを正直に素直に口にするその性格は嫌いじゃないです。今後化けるキャラかも(ツンデレ属性ありそうだし)…。

で、貴子のその壇上での演説を紫苑が反論、その後倒れてしまって瑞穂にお姫様抱っこされて保健室に。そんな行動をしてしまう瑞穂はまさに「王子様」。それが決定打となって貴子の異は却下されちゃったようです。

今回、案外簡単に決まったエルダー選、今後は「エルダーとしての瑞穂」を描いていくのでしょうか(というか選挙よりこっちがメイン?)。また、今回のように決まった以上、エルダーと生徒会との確執というのはありそうな展開。そして、いつ男とバレるのか、これはヒヤヒヤしながら見守っていきたい所ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/356-6cd59263

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。