スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぴねす! #4「消えたタマちゃん」 

今回は小雪先輩の話…というよりもタマちゃんの話と行った方が良さそうですね。あの緑色の物体(キャベツではない)は、先輩の一個一個の手作りでもうかれこれ1000個目になるのか。確かにこれだけあると984番目のタマちゃん自身「自分の存在意義」を問いたくなりますね。

そして春姫たちが持っているのはマジックワンドといい、それぞれの「思い出の品」がベースとなって作られているよう。春姫はトランペット(最初のカットではフリューゲルかと思った)だったんですが、さてさてこれにどんな思いがあるんでしょうか。

で、今回の雄真ですが、タマちゃんを作っておきながら魔法に対して批判的な態度を取るのですが、それがいちいち鬱陶しいかも。春姫もあまり役に立ってないしなぁ…。これもストーリーの本筋がいまいちまだ見えてきませんね。
そして、984番目のタマちゃんなんですが、最後には自爆という捨て駒扱い…これには苦笑するしか。「皆愛している」という言葉は何だったんだろう…。大量生産して使い捨て…ちょっと先輩怖いですよ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/370-b2f41dc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。