スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love- #6「お姫様は恋愛禁止!?」 

おおっと、急に話も作画もまともになってきたぞ。普通の恋愛アニメになってる。ある意味残念。

ということで、何かカップ一個だけで急にお互いが意識しだしたフィーナと達哉の関係。じゃあ今までの話は一体なんだったんだ? でも爺さんの出番が少ないないだけで随分とすっきりとした話になるものです。
で、フィーナと達哉が相思相愛になる事を偉い人たちは良く思っていないようで、それが破滅を導くようなことを言っていたような気もしましたが具体的にどうなるかはまだ不明。
菜月は菜月で、あまり話には絡んできそうも無い雰囲気、ということは妙な三角関係には進展しないかな? その方がすっきりして私としてはイイと思いますけど。

金髪少女のリースの役割も何となく分かりかけてきました。それはフィーナと達哉の仲を阻止すること?と見ていいのかな。ただ、リース本人としては黙認して行く末を見守りたいような感じを受けました。
フィーナと達哉、本人達は相思相愛になりたいのだろうけど、周りがそれを許さない…という状況下にあると現時点では言えそうです。どちらかが諦めるのか、それとも…?行く末が気になるところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/379-8bbfe67a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。