スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 最終回「てつのしんヒルズを出て行く」 

さて、一年間見続けてきたこの番組も今日が最終回。

死んだとばかり思ったセト様は生きてました!…というか、テレビ愛知の公式ページに書いてあったからぶっちゃけ分かってたけど。ということで、徹之進vsネオの戦いは続くんですけど石にされてしまった人間の石像を倒すのはどうかと思います! 欠損しちゃったらどうなるの?? しかも誰も心配してねぇし…。

そういえばどこのシーンだったかな、東京を取材に来たアナウンサーが「以上、愛知テレビの清水が東京渋谷からお伝えしました」と言ってましたが、ここまであからさまだと笑うしかない。さすがはテレビ愛知、やることが違う。

さて、徹之進は本当にネオの息子なのか? ということで、チヨさんを連れてきたんですけど、ここで徹之進は91番目の子供と発覚! えぇぇぇぇぇえ? 母の日のあの話は何だったんだよ!ということで、徹之進はネオの子供では無かったと言うことで、ここにきてとんでもないサプライズが。セト様とネオが写真見ながら「お前の子目つき悪いなハハハ」とか笑ってたんですけど、味方と敵の総大将がこんなやりとりするアニメは他にないだろうなぁ…。
で、傷ついたネオはもはや徹之進の敵ではなく、「憎しみは戦いしか生み出さない。そんな歴史は繰り返しちゃいけないんだ」と何かよさげな事を言ってネオに魔法を解かせるのですが、それは自らの死をもってでしか解けないというもの…。ここら辺、この作品の非情さが出ていると思います。

イワンとリニアの墓を作るということでしたが「イワンのはか」は狙いすぎだろ…一人だけデザイン違うし。でもやはり2匹とも生きていまして、何というか「お前は死んだはずのー!」という男塾的再会が。でも結局ショコラは戻らないまま…ここは変えられないのか…ユキちゃんが可哀想だな…。ここのフォローが欲しかったところです。で、今回の一件は謎の隕石で済まされましたが、人間が石化したことに関してはフォローが無く、これはどう説明するんでしょうか。

で、家族会議でヒルズを出ることになった犬山家と徹之進…感動のお別れシーンかと思ったら引っ越し先は500メートル先の「大東京ミッドタウン」ですぐそば、家賃もやはり高いという、51話もかかった割に犬山家の家計は火の車のままというのが切ない…ということで、何事も無かったかのように終わっちゃったんですけど、まあこの作品らしいと言えばらしいですね。

さて、このアニメの総評なんですけど、さてどう言ったらいいかわからない。そもそもこの作品のテーマからして最終話に来た今にしても分からないとは…。最初は犬山家の家計を助けるという話だったのが白金が出てきたあたりから方向が変わって次第には犬vs犬という構図になっていってしまったんですが、こういう迷走ぶりというか、無計画なところが大好きでした。また、小ネタを乱発するより、ここぞというところで出してきてそれが妙に面白かったりとスタッフも分かってるな感がありました。しかし恋人が死んだり悪役が自爆したりと客観的に見れば凄いことやってきたんだよなぁ。

ということで、このアニメの感想もここまで、かなりカオスな作品で面白かったです。制作者の皆様もお疲れ様でした。さて、次回からのデルトラクエストでしたっけ、これウィーヴ枠じゃないからなぁ…どうしたものか。ウィーヴだと結構な確率で私にヒットするんですけど…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/439-e91b5ddf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。