FC2ブログ

ラムネ #8「ふたりの絆と揺れる想い」 

先週撮った愛知での8話を視聴。
今回は後輩の佐倉裕美の話。

転校するために健次と思い出作りをするという話なんですが、いやこれイイ話です。引っ越すと分かっていて健次に告白(しかもほぼ100%玉砕するのがわかっている)、その上で思い出作りする裕美のなんと切ないことか。
健次と七海の間にダメだと分かっていても少しでも入り込もうという実に健気な、それでいて勇気のある行動は素直に立派だと思いました。

健次は七海に何も言わずにこんなことをしていたので不安になる七海。というか一言言っても良さそうなものですが、やはり「告白された」なんで言えないモノなんでしょうか(自分の好きであろう人に向かってだからなおさらかも)。
ところで、ひかりはともかく美空までもが校外学習に参加していたんですが、田舎とはいえこんな事があり得るのでしょうか?
あと、伏線としては100個の貸しが云々という話がありますね。これが話にどう絡んでくるのでしょうか。

そして次回予告。このアニメのタイトルである「ラムネ」というのは裕美の話から来ているんでしょうか? 原作未プレイなだけにちょっと気になりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/45-6200b904