スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸の花嫁 #1「極道の妻」 

主人公・永澄が瀬戸内海で人魚である瀬戸燦に助けて貰ったことから始まるラブストーリー…と書けばなんか綺麗な物語のような感じがしますが、この人魚が極道の娘というから尋常じゃない。
しかも人間を助けて正体がバレたから燦は消えなければならない、もしくは口封じの為に永澄が死ぬか、もしくは結婚して極道の身内になるしかない…という究極の3択を迫られるんですが、このなかから一つを選べ…といわれたら極道の身内になるしかないですよねぇ。さて、この燦ですけど、意外にも「極道の娘」としての桃井の声が合っていてイイ感じ。ロリ担当かと思ったらそうでもないんですね。
キャラクターに関して簡単な感想を書くと、まずは瀬戸内組からなんですが燦の親があまりにも親バカすぎ。結婚には反対しているよう?ではある。でも奥さんは美人で羨ましい…。あと側近の政が渋い味を出していてイイ感じ。で、満潮家の方なんですが父はどうでもよくて奥さんが童顔で可愛いんですよ~。瀬戸内組でも満潮家でもどっちも(外見は)イイ奥さんでして、いやぁ羨ましいったらありゃしない。

感想が奥さんの事ばかりになっちゃいましたが、これまた原作は未見。でも、1話を見る限り安心して見られそう…ではありました。常時ハイテンション、ノリも良く30分があっという間でして、これは面白くなりそうな予感です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/554-125d1179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。