スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイントオクトーバー #15「ロリ昔日!記憶のあなたに超会うために…」 

今回になってやっと三咲メインの話がやってきましたよ。今街で話題のケーキ屋、そこのオーナーはなんと「死神」。オイオイこりゃ大物が出てきたな…と思っていたら、意外にも話の分かるヤツでしてこれがなかなかのオモシロキャラ。死神曰く「死の時を訪れた者だけ命を奪うが、それ以外は一切命を奪えない」らしい。でも、死ぬ事は全部「死神」のせいにされて、本当に苦労しているという話には何か同情を覚えちゃいますね。でも死神の言う「死ぬ人がいるから生まれる人もいる」というのは「死と再生」を意味しているわけで、タロットでの死神のもつ意味そのものですね。

で、三咲は前世では何か恋人が居たらしいのですが彼が殺されてしまって、その人に会いたい…と言うことで今回死神に会いに来たということなんですが、前世での死神はあくまでもまっとうに仕事をしただけでして、もちろん死神にはその責は無いんですけど、もちろん三咲にもそれがわかっていて、死神にわざと攻撃させて(あの世に?)会いに行こうとしたらしいのですが、やはり死神にはそこまでの権限が無いそうで。でも慈愛の石版ならできるかもという死神の提案に乗る三咲なんですが、前世の想いよりもヨシュアのケーキを取ったというまあ、三咲らしいと言えば三咲らしい結末となりました。友情よりもケーキの方が大切ときたものですし。しかしヨアンにそのような力が本当にあるのかどうかは分かりませんでした。

さて、最後に死神が「この一帯での仕事が増えるかも?」という不吉めいた事を言っていたんですが、それって誰か死ぬということですよね。しかも「増える」ときたから複数人死ぬことが予想されるんですけど、これは今後一体どういう展開が待ち受けているのか…今回に限って言えばジャッジメントも無く楽しい話ではありましたが、今後を考えるとちょっと怖くなってきましたね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/579-5d53bb54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。