スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sola #4「ネガイフタリ」 

今回は大きな流れは無かったんですが、こよりと蒼乃メインの話でした。こよりが蒼乃とどのように出会ったか、そしてこよりが退院するまでの話を繊細な心理描写を(過去の描写もあわせて)違和感なく交えたエピソードはなんというか見事という感じでした。
意外にも蒼乃は結構表情が豊かというか、こうピンポイントを突いてくる語り方が最高ですね。コーヒー飲んで「こよりにまんまと騙された」とか、人形をポイと箱に入れて「夢に出てきそう」とか、一言一言が面白すぎる。でもその心の奥にあるのは「寂しい」という感情。その感情で繋がったこよりが退院を蒼乃に告げようとしても告げられないあたり、なんか切なかったですね。

さて、今回は茉莉は完全に脇役だったんですが、どうも依人と逆方面に感性が合うらしく、明らかにセンスのない人形を喜んで語り合う二人はどうかしているんじゃないだろうか?と思ったんですが、蒼乃も一個一個人形のことを覚えていたりする辺り、まんざら嫌いという訳でもなさそうでしたね。
辻堂と繭子も今回は脇役。でも依人の姿を見つけたように見えました。依人とは以前に会っているわけだし、二人との接点にあたる真名が今後どういう役を担ってくるのか注視したいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/603-81ba7514

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。