スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみちゃまかりん #5「和音くんの中間テスト大作戦だしー」 

えーと、もう「ニャケ=しーちゃん」という認識でいいのかな? 前回の言い回しだと「ニャケ≠しーちゃん」みたいだったんですけど…? しかし喋りだしたら急に毒舌キャラになったな…結構面白いじゃないの。
さて、かりんの通う学校は下から20番以下になると退学になってしまうという厳しいルールの学校のようで…アレ? この学校って生徒何人だ? 毎回毎回テストごとに20人ずつ退学させていくと、最後には誰も残らなくなりそうな?? いや、ここはあまり考えてはいけないところなんでしょうか。

ということで、かりんがあまりにも勉強が出来ないため和音が付きっきりで勉強させることに…という話なんですが、小学校の時点で中学校の部分までやっていたというのでは、しょうがないといえばしょうがない事情ですよね。和音の指導は厳しくて、でもそれは愛(?)あればこそなんですが、目を離すとかりんはすぐサボろうとするしやる気も見られないし、さじ投げそうなものですけど和音はよく頑張った!

さて、姫香は差し入れとして今回でかいおにぎりがでてきました。

「でかい食い物」!!……これで「きらレボ」との接点が出来た!

まあ、その後にお約束の戦闘シーンがあって、テストの結果は下から30番でして、なんとか退学を免れた…ということはですよ、次回のテストではこのままだと確実に退学になるということですよね? これは油断ならない…。

さて今回、和音がかりんに対して怒るシーンがあったんですが、「霧火とかりんが一緒にいること」が理由というのがちょっと気になるところ。和音はかりんに対して恋愛感情があるのか、そうでないとすると霧火に何かあるのか…という事になるでしょうかね。あのメガネの側に出てきた水銀燈もどきの女性の正体はまあ何となく想像はついているんですけど、それが正しいとすれば近づけたくない理由も分からなくも無いですけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/614-0156f33c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。