スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみちゃまかりん #7「はっけよい、踊る学園祭だしー」 

かりんがお相撲さんの着ぐるみをしていて、それを霧火先輩に見られたくないが為に逃げ回る…という話。
しかし、「まるで居場所を知っているかのように」かりんのそばにやってくる先輩なんですけど、先輩の指にも指輪があり、それの反応によりかりんを探しているよう。ということは、霧火先輩も神さまということで、神化できるということになりますかね。しかし「視界に何度も肌色の物体」が見えているのに早く気づけよ。
ということで、結局和音に服を借りて、霧火先輩とフォークダンスを踊ることが出来てメデタシ…と思いきや先輩はかりんの指からはさりげなく指輪を取りさりました。これは上手い、さすが先輩です…というかメガネがいつも力押しなのが良くないのかな。さて指輪の無くなった事にかりんは気づいていないようで先輩とフォークダンス踊れたと舞い上がっているのみ。指輪が無くなったら「神ちゃま」としての力はどうなるんでしょうか。

そして気になるのはメガネと霧火先輩の元にいる娘、なんでも「ひめか」というらしいのですが、かりんの元にいる姫香と同じ名前だけに、そして容姿も若干「つり目」なのを覗けば結構似ていたりするだけに気になるところ。見ると健康状態はあまり良くないらしい? そして「ひめか」と姫香と手を繋いだ際、同じフラッシュバックがあったのも気になる。この二人はなにかありそう。
そして新キャラ(?)となるアイドルの神(じん)。わざわざ名前までつけられて、さらに「神」という名が与えられているだけに気になる存在でして、ひょっとして準レギュラーくらいにはなるんでしょうか。

分からなかったのが和音の霧火先輩に対する気持ちでして、霧火先輩をメガネと同じ「敵」としてみなしているのか、それとも普通の上級生として見ているのかいまいちわかりませんでした。どうも今回を見る限り先輩に嫉妬しているだけで、「敵」とは見なしていないよう?にも見えました。…が、異様に警戒する様は「敵」と見なしている様にも見える…。まだちょっと分かりませんね。
ということで、サブタイこそどうでもいいやっつけのような感じでしたが、中身を見てみるとこれがなかなか密度の高い話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/635-676b86a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。