スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエルベールの物語 #12「情念の章」 

さてここに来てスピーディーに話が進むようになってきたんですけど、それはもしかして「船」という交通手段を使っているからだろうか? ウエルベールとサンガトラス、船ならそれぞれ1日も無いうちに往復ができるような。ということはですよ、最初から船を使っていればもっと早くグリーダムに着いていた…ということになりませんかね? いくらサンガトラスが途中にあるから陸路を取ったとはいえ、でも結局船を使ってサンガトラス経由でグリーダムに向かう結果になったんだから、最初から船を使っていれば1週間どころか2~3日で着いていたような気がする。

それはともかく、ゲルニア王子ですよ。久しぶりに姫様に会ったとたん「母上…」ってコイツはマザコンだったのか~! その青い瞳に惹かれ、それでもその瞳が憎くてたまらないために、今まで殺人を起こしてきたということか。ゲルニア王子がしたいことがいまいちわかんないんですけど、とりあえず王子とその母に何があったのか、それが分からないとなんとも言えませんね。
で、大戦艦「レオンガルド」ですよ。いまいち構造が分からなかったんですけど、アレって進水してあの高さなの? なんか重心が高すぎて嵐とか来たら転覆しませんか? でも外輪船使っているくらいだからな…案外波は平穏なのかも知れない。今回、外輪の無い船も出てきましたがスクリュー船もとりあえずはあるという認識でいいのかな。どうも石炭による蒸気機関…いや「給油」という言葉を使っていたから重油を使っている船になるのか? この世界の技術力は結構高いと見た。その割に工作兵に内部からあっさりと爆破されちゃいましたが。
ここでゲルニア王子とウエルベールのローデン王子が鉢合わせになるんですが、ローデン王子も自らこんな所に来て只でさえ開戦直前という微妙な国際関係をさらに複雑にしたいんでしょうかね? しかしゲルニア王子も気になることを言っていて、なんでもローデン王子は若い頃に「色々あった」らしい。そう思って改めて彼を見てみると、「ある人物」にそっくりのような?…いや、まさかな…でも髪の色同じだしな…。しかし、もしそうだとすると色々と厄介なことになりそうです。

そして最後は城に潜入するも、脱出時に傷を負ってしまったティナなんですが、ここに都合良くガラハドが登場、二人してゲルニア島に向かうことに。あの妖精、ただいるだけかと思ったらティナ掴んで空飛べたんだ。城に潜入する時もそうすればよかったのに。
で、次回予告を見ると、最終回には見えなかったんですが、もしかして2クール作品なんでしょうか。次回ガラハドに死亡フラグが立ちそうな、そんな気配。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/692-61fbcd9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。