スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sola 最終回「ソラ」 

この作品も遂に最終回…蒼乃と茉莉の長い因縁はさてどうなったのか。

ということで、前回の茉莉が蒼乃に剣を突き刺す場面からの続きなんですけど、そこでも際どくかわした蒼乃でしたが、少し擦ってしまい徐々に夜禍の力を失い始めていた…それは依人の体にも影響を及ぼし徐々に体が崩れ始めることを意味していた。
さしあたって逃げる蒼乃ですが、それでも茉莉は最後の戦いに赴くのですが、力が無くなりつつあるとは言えやはり蒼乃の力は絶大で、茉莉は剣も奪われて追いつめられてしまったんですが、そこで盾になったのが依人。遂に体が崩れ、ただの紙切れになってしまいました。蒼乃自身が依人を紙切れにしてしまうとは何とも皮肉な結果に。そして茉莉は蒼乃に剣を刺して、無事に日の出を迎えることになったのでした。茉莉の最期はどうだったのか、明確には明示されませんでしたが、その方が想像の余地があって良かったかな。
さて、依人が以前言っていた「空」を見せる方法、それは洞窟の天井に絵を描く…ということで、それは現在の依人が空の写真を天井に貼り付けることと同じ事で、それによって過去と全く同じ事をしていたんですね。
Aパートはここら辺まで。戦闘シーンが前回からあまり進展が無かったこと、結局茉莉や依人が蒼乃自身の意志を全く汲まずに結局話が進んでしまったことは残念でしたが、それでも結構感慨深いものがありました。Aパートをまとめると、蒼乃が人間となり、依人は紙となって空に舞い、茉莉はどうなったのかは結局分からなかったんですが、あの剣を使ったことにより空へと旅立っていったのでしょう。

ということで、Bパートでは後日談ということで、1年後なんですけど、繭子と辻堂は今どうしているか…というと別に以前と変わりは無いんですけど、繭子の服のセンスは段々とおかしな方にいっているらしい。辻堂は髭を剃ってちょっとすっきりしましたね。
そして真名は依人の遺志を継いで「空」を追い続けていて、こよりは相変わらず折り紙。依人や茉莉はもういないのですが、それでも「存在していた」という痕跡はそこらにあるようです。そこに蒼乃登場…蒼乃は記憶は特に無くしたようでもないようで、依人や茉莉の事もちゃんと覚えていました。しかし蒼乃はどうやって一人で生活しているんだ? あと真名の学校に転入することも言ってましたが戸籍とかどうなっているんだ? というのは聞いてはいけないことなんでしょうか(笑)。
そして最後はみんな…といっても真名、こより、蒼乃の3人だけですけど、昇ってくる日を写真に撮るという事で、あの無くなったはずの自販機は何故か元に戻ってはいたけど相変わらず壊れているようで今度は蒼乃がキックをかましてくれました。最後にはトマトじるこが2個…というところで了。これの意味するところは想像に任せると言うことなんでしょうけど、さてどういう意味合いがあるのか気になるところです。個人的には蛇足感があるんですが…。

さて、蒼乃は人間になって幸せになったのだろうか、依人がいなくて幸せな日常を送ることができるのか? 直後に自害してもおかしくない展開だったんですけど、最後の方での真名たちとのやりとりの中で自然に笑顔をふりまく蒼乃を見ていると、おそらくは「幸せになった」と信じたいところです。

さて、総論といきたいのですが、これがなかなか面白くおそらくは「傑作」で無いにしてもそれに近い作品だったのでは無いかなと。マイナスポイントなんてあまり挙げたくは無いのですが、ツッコまざるをえないことがいくつか残ったのが気になるところ。まず繭子は誰によって依禍になったのか? 辻堂はどうやって剣のことを知り、手に入れたのか? 夜禍の存在とはそもそも何だったのか? 致命的なのが、夜禍であっても日影からなら「空」を見ることができた…ということでしょうか。まあ、ツッコめば結構キリがないんですけど、それでも最後はハッピーエンドでは無かったけれども、蒼乃の笑顔が見られて良かった、その一言に尽きますかね。

そして最後に思い出すのは蒼乃のこの言葉「空の向こうは夜空、ひとつの同じ繋がった、空」「だから、わたしは空の下を歩く。二人のくれた空の下を」。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/708-2bf3a186

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。