スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドージンワーク 第4刷「おやめください、ご主人様」 

さて、今回はなじみが同人誌の資金のためにネコミミ喫茶だかでバイトという話なんですけど、尾行されてバイト先を知られた時の、そして「ルナちゃん」と呼ばれていることを知られた時の、恥ずかしそうに言葉を浴びせるなじみのツンデレ…というか誘い受け(?)な感じがまたたまらん。
しかもですよ、オムライスにケチャップで文字を書くサービスと言うことで、露理に「長菜なじみはイヤらしい女の子です。しかもドMです」と書かされている時の真っ赤になったなじみの表情がまたそそる。これは何という羞恥プレイ
さらにですよ、星君にみんなの前で「魔法をかける」ということで「昇級魔法だにゃん」なんて言わされていて、これはバイトとはいえ知人の前でかなり恥ずかしい。いや~羞恥プレイの連続で見ているこちらはゾクゾクですよ! やはりなじみはMだ。こりゃたまらん。
ところで、「※ここはツンデレ喫茶ではありません」ってテロップが出たんですけど、ツンデレ喫茶は行ったこと無いんですが、一体どういう所なんでしょうか。ここでいうなじみのような出迎えをしてくれる喫茶なんでしょうか?
そしてソーラなんですけど、ずっとブルマで出歩いてましたがあれに関しては誰もツッコミが無かったんですけど…ここはツッコミを入れてはいけない箇所なのだろうか…。

さて、Bパートでは同人誌制作の計画を立てると言うことで、まずはお金に関する計算から…って何「欲しい物」や「打ち上げ」の事から話しているんだよ! そこから逆算して同人誌の単価を決めるのはどうかと(笑)。もう本末転倒状態で笑った。
で、最初は500部とか28pとか威勢の良いことを言ってましたが、予算の都合により部数やページを減らしたり…ともう「減らす」事しか考えていないのが何というか現実的というか…。でも確かにあるんですよね、予算の都合により減ページ減部数というのは。例えば100部刷って5冊しか売れなかった…とかだと悲惨だし「一体どこまで、いくらまで同人誌作成にお金をかけられるか?」というのは常につきまとう問題な訳で…。
最終的にはモノクロ300部の20pに収まったようではあるけど、表1・表4などを入れると実質的には16pになりますかね。しかし、300部なんて私なんか刷ったことすらない…夢のまた夢の部数だ…。
で、最後には日程を決めていましたが7月始めには下書きを開始、7月末には下書きを終えるとか言ってたんで、もうそろそろ下書きの終わっている時期になるんですかね? そういえばジャンル等は言ってなかったんでオリジナル…ということになるんでしょうが、今現在(7/25)の時点で一体どういった事になっているのか全く想像もつきませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/744-0954371e

レビュー・評価:ドージンワーク/第4刷 おやめください、ご主人様

品質評価 6 / 萌え評価 75 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 24 / シリアス評価 6 / お色気評価 6 / 総合評価 20レビュー数 33 件 画材や印刷代などにお金がかかることを実感したなじみは、同人誌ショップの中で営業している喫茶店でアルバイトを始める。その一方、最近なじみの様
  • [2007/08/09 15:13]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。