スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみちゃまかりん #18「ライバルは和音王子だしー」 

美永の脚本による劇なんですが、なんですかあの「美永 愛の劇場」の中身は。
兄王子と弟王子による確執の話かと思ったら、兄は山へ芝刈りに、弟は川に洗濯(しかも何故か洗濯機で洗っている)に行ったかと思えば、川から毒リンゴが流れてきて中から姫が出てきて、弟が兄を倒して弟が姫と結婚しました…という事なんですけど、これはあまりにも前衛的すぎる。話の内容もさっぱりわからん…ということで周りの人も完全に口をぽかーんでしたが、それでも一人だけ感激しているバカがいまして、それがあのメガネですよ。逆に霧火先輩はかりんのことをあくまで「演技」としか見えなかったよう。

ということで、和音とみちるは何かと演劇にて対立したりするんですが、それが「みちるの様子を見るため」だったとは和音もなかなか考えて行動している。それを知らないかりんは敵対心満々で挑んでましたけど。
さて、今回はメガネ側の「ヒメカ」が元気かと思えば和音の方にいる姫香がいまいち元気がない。これは何か関係ありそうな予感。

みちるは相変わらず捉え所が無い訳ですが、かりんを励ましたりとなかなかいいところも見せたりする。さしあたってメガネ達とは違って「敵ではなさそう」ということでした。さて、その見方はあっているのかそうでないのか…?
次回は演劇本番…らしい。あの脚本がどうやって演技されるか期待したいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/761-90b85a32

レビュー・評価:かみちゃまかりん/第18話 「ライバルは和音王子だしー」

品質評価 47 / 萌え評価 47 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 31 / シリアス評価 15 / お色気評価 52 / 総合評価 35レビュー数 19 件 みちるとキスしたことで、和音と花鈴は険悪なムード。学校の演劇コンクールに出ることになり、花鈴とみちる、和音と姫香の組み合わせで、それぞ
  • [2007/08/07 10:39]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。