スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみちゃまかりん #22「和音くん?とお祭りだしー」 

さて、前回気を失ったままの和音なんですが、16日目にしてやっと目覚めるという話。
なんですが、さて気になるのは和音とかりんが同時に見たという「夢」でして、いきなり現れた和音?と鈴音がかりんと秋の祭りに行くという内容でして、鈴音は和音?の事をパパと呼んでたしこれは一体? で、夢のオチは「本人登場」というものでした。夢の中で本人登場というのもおかしな話ではあるけど。

さて、夢から覚めた和音とかりんは、早速秋祭りへ。16日も寝ていたのに祭りとは随分元気ではあるけど、体の方は大丈夫なんだろうか?
メガネは何故かタコ焼きを焼いてましたが、霧火の「神化できない兄さんなんてただの生徒会長」とは酷いんですが、いや、まあ生徒会長だけでも凄いんですけどね。「神化できなかったらただのメガネ」と言われるよりははるかにましでしょ? ただ、メガネの指輪が壊れたせいか「バランス」がまたしても崩れて彼らの方にいるヒメカの方の容態はあまりよろしくないよう。
さて、そんな祭りの中、かりんは夢で見た和音?と鈴音とまた会うことになり、本を手渡されたのでした。かりんの謎の記憶も気になるところですが、和音?たちは「時を越えて」未来からはるばるここにやってきたらしい…かりんを助けるために。その本には色々と謎の文言があったんですけど、その前半部分によると太陽神の力が失われると姫香が消えるようなことが書かれていたようで。

これで終わるかと思ったらメガネですよ。何故か「結婚してください」と垂れ幕の下がったヘリに乗って登場、かりんをさらっていってしまいました。あまりにも突然すぎて唖然ですよ。かりんを手駒に使って何かしようという魂胆だろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/796-3a30a3b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。