スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながされて藍蘭島 #23「つれていって、寺子屋」 

今までそんな設定あったんかいな?と、どうしても取って付けた感があるんですけど、藍蘭島にも寺子屋程度の学校は存在していて、まち姉やちかげが教鞭を執っていたりするんですけど、意外にもりんが授業を受ける側とは思いませんでした。しかし、まち姉が保健担当というのは何だ「おしべとめしべがくっついて(遠回しな言い方)」とかそういう事を教えるんかいな? 何かこれだけでエロ同人誌が描けそうなんですけど、普通大人が教鞭を執るんじゃないかな? 多分一番年上のまち姉でも18歳(うろ覚え)だしなぁ、暇そうなおばばにこそこういう時に経験を生かして教鞭を執るべきですよ。しかし気になるのが歴史の授業でして一体どこまでを教えているんだろう。明治時代で止まっていたりするんですかね?

まあ、それはともかく、すずは勉強が苦手なようで、というか苦手を通り越して「嫌い」だったりするようですが、しかし割り算も出来ない程の頭とは…。小学生以下かよ。でも勉強が嫌いというのは何となく分かるんですよね。私もあまり好きな方ではなかったんですけど、でも今になって己の不勉強が身にしみる…。
でも学校って勉強をするのも大切ですけど、それ以上に友人がいる、というのだけでも大きいですよね。今回のすずの不登校(?)も友達や行人の説得のおかげで行けるようになったわけだし、これはこれで何かイイ結果だったのではないかと。そういえば、生徒がずっと同じでクラス替えもままならない小さい学校だと人間関係が壊れたときに修復が難しいと知り合いの中学校教師が言ってました。藍蘭島はその点大丈夫そうではあるけど…。
今回最後に「行人が私の前からいなくなるようなそんな気がした」と気になることをすずが言ってましたね。そういえば前にも似たようなことを言っていたような気が。もうじき最終回だしストーリーも動き出すかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/799-df394228

レビュー・評価:ながされて藍蘭島/第23話 「つれていって、寺子屋」

品質評価 18 / 萌え評価 18 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 14 / お色気評価 14 / 総合評価 12レビュー数 27 件 藍蘭島には正式な学校がないため、寺子屋で読み書きなどを教えている。先生をしているのはちかげである。どういうわけか行人も先生をすることに
  • [2007/09/07 20:03]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。