スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらりん☆レボリューション #74「ミュージカル♪ハードなバクハツ!ヤセルピアー!!」 

今回はミュージカル出演と言うことですけど、今まで一話も欠かさず見てきたんですけど、そういえば舞台は今回が初…になるんですかね? 王子と王女の恋愛モノらしい?
服がきつくて着られないということですけど、ハードで厳しい稽古をすれば必ず痩せるから自然と着られるようになる…というと何だ、これは「服に合わせろ」ということですよね? 私自身、舞台やったことないですけど実際の場合も体の方を「服に合わせる」なんてことあるの?
あと、厳しい練習についていけなくて劇団員が次々と辞めていく(というか夜逃げしてく)のですが、今までハードな練習で鍛えられてきたんじゃないの? 何で今頃になって逃げ出すんだよ。それともここの団員は初心者ばっかなのか?
で、王子役の人まで逃げ出しちゃったモノだから、正式に決まるまでSHIPSの2人が恋人の王子役として登場。実際に恋人になりきって生活してみろという課題が出たんですが、ふと気になったんですけど、そういえばきらりは今のところどっちが好きなんですかね? 最初は星司が好きだったんだけど、途中で宙人が好き…ということに気付いたんだったよね、確か。ここら辺の決着はいつ着くんだ?…というか完全に忘れ去られている感がするんですが。
結局王子役は何故かなーさんに決まって劇は大成功、次回は食べても太らない少女の物語「ウエスト・サイズ・ストーリー」だそうで、またパクリ企画かよ。

ところで、昨年の今頃は「ホットアイドル賞」がどうのこうのやってましたが、今年はやらないのでしょうか?

そういえば新しくソングコレクション出ているの見ましたが、また「夏のスリランカ」入ってねーじゃん。どーなってんだよ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/805-2a7c7232

サウンド・オブ・ミュージック

今も色あせることの無い素晴らしい映画の一語に尽きる。青春の日に映画館に何度も足を運んだ。カセットテレコが無かった時代でポータブルのテレコを持ち込んだ思い出がある。映画が映像と音楽とのエンターティメントであることを証明する。アルプスの自然の中で人間愛の讃歌
  • [2007/09/30 11:01]
  • URL |
  • ミュージカルへの思い |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。