スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながされて藍蘭島 最終回「飛び出して、藍蘭島」 

さて、いよいよ龍神様とご対面…かと思ったらあやねが足を滑らせて先に龍神様の所にきてしまって(というかどこの場面で追い越したのか分からんけど)、あやねが先に願いをしようとしたら龍神様の髭を抜いてしまって怒りを買ってしまった。ということで行人は結局龍神様の加護無しで外界に出ることに。
すずたちは龍神様の所に行って行人の無事を祈る…のはいいのですが、すずは海中から龍神様の所に行くんですけどそんな別ルートの道があったなら鍵なんか無くても最初からそっちから行けばよかったんじゃね? で、まあいい話になって龍神様の加護も得られたのか行人は無事に外界に出られて妹の美咲と出会ったのはいいのですが、彼女は「男しか居ない藍蘭島」に辿り着いていて一緒に来ないか?というんですけど、そりゃ男だらけの島に行くぐらいなら女の子だけの藍蘭島の方がイイに決まっているじゃないですか。しかし男だらけの島に女一人というと無茶苦茶心配…と思ったら意外にも誰も手を出していなくて(というか逆に手をだしにくそう)安心といったところか。愛欲にまみれた「女だらけの藍蘭島」に比べると…まだ規律正しそうです(?)。
ということで、結局行人は藍蘭島に帰ってきて「第二回婿殿争奪戦」が行われて終了ということに。まあらしい終わり方と言えばらしいですかね。でもいいかげんにすずに決めろよ。

さて、この作品はどうだったかといえば、特に悪いところも無いけど格段に良いところも無い…といったのが正直な感想か。女の子だらけのハーレム展開、これは確かに面白い設定だし、キャラも魅力的だったんですが…。
何か前半1クールはかなり楽しかった気がするんですけど、後半になって急にだれた感がする。また、最終話近くの急にシリアスぶった話も個人的にはいまいちでして、ダラダラ続けてダラダラと終わるか、行人がすずと決めて結婚するなりすればまた評価は違ったかも。結局、最終的に何も完結していない…というのが評価を下げている気がするんですよね。すずは自分の恋心に気付いたか? 行人はすず一人に絞ったか? というとそうでもないしなぁ。
まあ個人的にはまち姉が結構なお気に入りだった…ということで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/831-73171770

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。