スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.II #1「小さな恋の季節」 

さて、このシリーズも結構長いもので初代が4年くらい前?で、セカンドシーズンが2年前、そして本作に続いてます。

と言うことで、セカンドシーズン以降何年経ったのかはよく分かりませんが、さくらを除いて世代交代してます。さくらは学園長という地位らしいのですが、さくらは何歳なんだよ? 全然変わってねぇじゃん。波紋の力でも持っているのか? 変わってないと言えば杉並ですよ、世代交代してもあの性格とは…この家系はどうなっているんだ!?
それはともかくいきなりの文化祭で小恋が幼なじみの桜内義之に告白しようとしてなかなかできない…という話でして、こういう幼なじみの恋物語って結構好きなんですよね。最終的には例の枯れない桜の木の下で告白しましたが、ここに至るまでが焦れったくて実にイイ。
さて、その義之には、姉の朝倉音夢、妹の由夢が居るわけですが、名字が違うのは説明無いまま…ですけど、今までこのシリーズに接してきたならどんな事情かは何となく想像はつきます。

ということで、小恋が告白して義之がOKを出すという、何か本作が一話で終わってしまいそうな展開でしたが、ここから一波乱あるのか? というか某作品(笑)のせいか私としてはしばらく三角関係というか、修羅場というものはあまり見たく無いんですけど…。このままハッピーエンドでいくといいですね、小恋ちゃん!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/844-f15078a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。