スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンブーブレード #4「ピンクとブルー」 

ミヤミヤが剣道の基本である足捌きの練習しているのを見て思わず懐かしくなってしまった。摺り足は剣道の基本ですからね。それこそ習うより慣れろです。

前回、川に突き落としたサヤは実は剣道部の先輩だったと気付いてこそこそしていたミヤミヤですけど、ここはさすがは先生、ミヤミヤの本性を見抜いておりました。というかダン君だけが気付いていないような…いや、だからこそ彼氏が勤まるんだろうな…。そんな彼氏がいるから剣道部に来ているようなものなミヤミヤですけど、かかり稽古を通して人を叩くことに何か目覚めちゃった! ドSの本領発揮か!?
さてサヤは剣道部にとりあえず来たもののギターがどうとか言ってましたが、それはどうでもよく剣道部に戻ることにしたよう? 朝練ではミヤミヤが避けていたこともあって直接顔を合わせることはありませんでしたが、その後ミヤミヤは先生に言われて素直に謝りに来ました…そっけない謝り方でしたけど、サヤの性格の良さもあって後に引くことがなく、なんかイイ感じに。ミヤミヤを諭した先生でしたが、先生らしいところをここで始めて見た気がする。
そういえば先生・キリノの回想シーンには剣道部員が結構沢山居たように見えましたが、それが何故今のように廃れてしまったんだろうか…。あと、個人的にですけどタマちゃんの出番をもっと…!

さて、サヤが復帰したとは言え、剣道部の女子は未だ4人。試合のためには5人必要なんですけど…最後の5人目はいつ登場なるか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/881-4de5067f

レビュー・評価:バンブーブレード/ 第4話「ピンクとブルー」

品質評価 31 / 萌え評価 36 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 14 / お色気評価 11 / 総合評価 21レビュー数 188 件 なかなか部活に現れない鞘子を呼び戻すべく、策をめぐらすコジローとキリノ、思いが通じたのかようやく剣道場に顔を出したサヤだが、都はトラ
  • [2007/11/01 18:43]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。