スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD #4「仲間をさがそう」 

さて、渚が生徒会からどのような指示を受けたのかは具体的には不明ですが、演劇部の部員勧誘は禁止されてしまいました。しかしkanonと同じようにこの生徒会も障害となって立ちはだかってきましたね。直接的なやりとりがない分ましかもしれませんが…。

ということで、さて…どうしたものかですよ。ここで出てくるのが陽平、「告白したい人がいるから」と椋を連れだし、渚のセリフをそのまま素で勘違いする椋。えっ、何この百合展開。百合スキーにはたまりませんな。
まあ、それはともかく朋也と渚は部員募集が禁止されたのなら直接部員を集めて復活しよう…という話に。でも、智代は忙しいとかいうし(生徒会選挙がどうとか言ってましたが)、風子は彫刻に忙しいとかで断られてしまいます。でも朋也は決して演劇部に入る気はないんですね…コイツめ…。
さて、この風子ですよ。星の彫刻を渡した代わりに結婚する姉を祝って欲しい…ということですが。いや、別に欲しくもないものを強引に渡されても正直困るんですが、さらに祝ってくれと言われるとさらに困る。そしてさらにおかしな事に「家に帰らない」という。渚は風子の姉を(ダブっているせいか)知っていて、その姉の妹(つまり風子)は交通事故に遭って入院中だとか?。kanonでいうところのあゆみたいな生霊のようなものか? 何か急にファンタジーな内容になってきました。これからはしばらく風子に注目していきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/911-9bb3707d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。