スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム・アーク #7「騎士たちの初陣」 

卒業(?)して、いきなり初陣が最前線というのはもはや末期を感じさせるんですが、それ以上に今回いきなり変わった演出に面食らった。これはまるで「だっぽん」を見ているかのようではないか。
しかし命令を全く聞かんプリーシアは何とかならんものか。砦の中に仲間がいるかもしれない…でもすでに全滅しているかもしれない、そんな状況にあって撤退命令を無視しての突入は無謀すぎる。自分の意志を曲げないのはまあいいかもしれませんが、こういう戦場では真っ先に死ぬタイプと見た…しかも周りにえらい迷惑をかけて。本人にその自覚がないのがいけませんよね。
ブリジットはまだプリーシア側にいますが、正体はいつバレるんだろうか? というか、プリーシアたちに結構感情移入しちゃっているようですが、そんな状況で簡単に裏切りができるんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/914-3675fce9

レビュー・評価:プリズム・アーク/第7話「騎士たちの初陣」

品質評価 9 / 萌え評価 24 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 36 / お色気評価 9 / 総合評価 17レビュー数 33 件 第7話「騎士たちの初陣」のレビューです。
  • [2007/11/26 23:27]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。